「バックナンバー」一覧

全 5 件
最終更新日 ↓
おのえきTIMES #5 春号
最終更新日時:2020-04-18 15:59:07
0
コンテンツ説明
おのえきTIMESは「地域への“愛着”を育むメディア」を趣旨にもち、2019年の3月に尾道駅舎リニューアル開業とともに創刊しました。新たな尾道駅からはじまる「駅」と「地域」と「人」と「文化」の新しい関係性。駅そのものを媒介者に、人と人、商店と商店、文化と文化を和えることで、わが町「尾道」の多様性を再発見し、日常をより楽しむことができるようになるはず。そこからまた尾道らしい文化が生まれ、地域への「愛着」が育まれていくことをねらいに制作しております。 “駅から尾道を和える”ことで地域への「愛着」と「潤い」を育む「活動体」としての役割を果たすことを目指します。 ローカルがいい毎日。おのえきTIMES 春号(vol.5) 特集は「おのみちと共に まちとお店のすてきな関係」 1891年の尾道駅の誕生から暮らしの中に駅があり続けたように、尾道の暮らしに寄り添い続けるお店があります。時代に媚びることなく伝統を大切に守り、ときには驚くほど柔軟で遊び心にあふれた、わが町自慢のお店を紹介します。昔々の尾道や尾道駅にまつわる思い出とともに。そして新連載「岩本駅長のくいしん坊放浪記」もおたのしみ!
おのえきTIMES #4 冬号
最終更新日時:2020-04-14 17:35:57
0
コンテンツ説明
おのえきTIMES 冬号(vol.4) おのえきTIMESは「地域への“愛着”を育むメディア」を趣旨にもち、2019年の3月に尾道駅舎リニューアル開業とともに創刊しました。新たな尾道駅からはじまる「駅」と「地域」と「人」と「文化」の新しい関係性。駅そのものを媒介者に、人と人、商店と商店、文化と文化を和えることで、わが町「尾道」の多様性を再発見し、日常をより楽しむことができるようになるはず。そこからまた尾道らしい文化が生まれ、地域への「愛着」が育まれていくことをねらいに制作しております。 “駅から尾道を和える”ことで地域への「愛着」と「潤い」を育む「活動体」としての役割を果たすことを目指します。 ローカルがいい毎日。おのえきTIMES 冬号(vol.4) 特集は「尾道の魅力ってなんだろう?」。旅行者だけでなく、国内外から移住する人たちも増えているいまの尾道。何が人々を惹きつけているんだろう?外から見た尾道はどんなイメージなんだろう? そのヒントを探るべく、遠い異国から尾道へと移り住んだThomas Michael KloepferさんとPeter Cardさんに話しを聞きました。
おのえきTIMES #3 秋号
最終更新日時:2020-04-14 17:35:21
0
コンテンツ説明
おのえきTIMES 秋号(vol.3) おのえきTIMESは「地域への“愛着”を育むメディア」を趣旨にもち、2019年の3月に尾道駅舎リニューアル開業とともに創刊しました。新たな尾道駅からはじまる「駅」と「地域」と「人」と「文化」の新しい関係性。駅そのものを媒介者に、人と人、商店と商店、文化と文化を和えることで、わが町「尾道」の多様性を再発見し、日常をより楽しむことができるようになるはず。そこからまた尾道らしい文化が生まれ、地域への「愛着」が育まれていくことをねらいに制作しております。 “駅から尾道を和える”ことで地域への「愛着」と「潤い」を育む「活動体」としての役割を果たすことを目指します。 ローカルがいい毎日。おのえきTIMES 秋号(vol.3) 特集は「おいしい尾道」 山・海・島々と多様な立地や気象条件を持つことから「日本の縮図」とも表される尾道。この豊かな環境で、豊かな方々によって育まれる尾道の特産品“杜仲茶”と“いちじく”の物語です。 4コマ漫画「おのみちあるある」は尾道の秋の風物詩のベッチャー祭り、尾道駅 岩本駅長のおいしそうに召し上がる表情も、みどころです。
おのえきTIMES #2 夏号
最終更新日時:2020-04-14 17:35:04
0
コンテンツ説明
おのえきTIMES 夏号(vol.2) おのえきTIMESは「地域への“愛着”を育むメディア」を趣旨にもち、2019年の3月に尾道駅舎リニューアル開業とともに創刊しました。新たな尾道駅からはじまる「駅」と「地域」と「人」と「文化」の新しい関係性。駅そのものを媒介者に、人と人、商店と商店、文化と文化を和えることで、わが町「尾道」の多様性を再発見し、日常をより楽しむことができるようになるはず。そこからまた尾道らしい文化が生まれ、地域への「愛着」が育まれていくことをねらいに制作しております。 “駅から尾道を和える”ことで地域への「愛着」と「潤い」を育む「活動体」としての役割を果たすことを目指します。 ローカルがいい毎日。 おのえきTIMES 夏号(vol.2) 特集は「こんにちは!新駅長。尾道新駅長と行くぶらりまちめぐり」 尾道駅の、おのまる商店、食堂ミチなど店舗の商品・メニューを、ともに開発・ご協力をいただきました、尾道のお店の方々の店舗に、この初夏に尾道駅に着任された岩本駅長と訪ねるまちぶら企画です。
おのえきTIMES #1 春号
最終更新日時:2020-04-14 17:34:14
0
コンテンツ説明
おのえきTIMES 春号(vol.1) おのえきTIMESは「地域への“愛着”を育むメディア」を趣旨にもち、2019年の3月に尾道駅舎リニューアル開業とともに創刊しました。新たな尾道駅からはじまる「駅」と「地域」と「人」と「文化」の新しい関係性。駅そのものを媒介者に、人と人、商店と商店、文化と文化を和えることで、わが町「尾道」の多様性を再発見し、日常をより楽しむことができるようになるはず。そこからまた尾道らしい文化が生まれ、地域への「愛着」が育まれていくことをねらいに制作しております。 “駅から尾道を和える”ことで地域への「愛着」と「潤い」を育む「活動体」としての役割を果たすことを目指します。 ローカルがいい毎日。おのえきTIMES 春号(vol.1) 特集は「今、地方の駅にできること」 かつての尾道は、港を中心に宿場町が形成され、多様な人たちが行き交うことで様々な文化が混ざり合い新たな文化が育っていく交差点でした。尾道市長×尾道駅 駅長×駅の店舗を運営する事業会社の代表に、それぞれの視点から「今、地方の駅にできること」のテーマで現在・未来につ語っていただきました。
すべて表示しました